「一酸化炭素中毒」キャンプで起こる可能性がある!?

ストーブの使用方法で悩む人 キャンプ知識

冬秋キャンプは寒いからストーブをつけてあったまりながら寝よう♪

TK
TK

ちょっとまった!そのまま寝てしまうと危険だよ!

テント内のストーブは暖かくなりすごく便利ですが危険も伴います。最悪命を落とす危険もあるので注意と対策が必要になります。

一酸化炭素中毒が危険なのはわかるけど何が危険なの?

考える人

石油ストーブやガスストーブは、テント内の空気(酸素)を使って燃焼し排気ガスを出します。

長時間使用することで空気を汚染し、テント内の酸素濃度が低下することで不完全燃焼が進み一酸化炭素が急激に増加して一酸化炭素中毒を引き起こします

スポンサーリンク

一酸化炭素中毒の症状

頭を抱える男性
TK
TK

こんな症状を感じたら要注意だよ

  • 頭痛
  • 不快感
  • 嫌悪感
  • 吐き気
  • めまい
  • 意識障害

酸素濃度が低下し一酸化炭素濃度が上昇していくと意識障害に繋がり最悪の場合は死につながってしまいます。

症状が出た時どうすればいい?

扇風機で換気をしている

上記に書かれている症状の中でも初期段階の不快感や頭痛のような症状が出た際は、まず暖房器具をとめテント内に新鮮な空気の入れ替えを行って下さい。

めまいや意識障害がある場合は自分でどうにかしようとせずすぐに救急車を呼ぶ必要があります。

ストーブを使用するための安全対策グッズ

一番安全に過ごすためには新鮮な空気を入れるために小まめな換気をするか風の通りを作ることです。

が、、、私自身もキャンプをしている中で常に通気良くしていると寒いしテント内の換気のタイミングがわからないと感じました。

ですので換気のタイミングを色、音、数値でわかるようにすることで安心安全にキャンプを楽しむ事ができましたので紹介します。

まとめ

一酸化炭素の怖いところは、無臭なところなので自分の気が付かないところで汚染されている事があります。特に体の小さいお子さんは注意です。寒い時期のキャンプの方が空が綺麗で多くの方に楽しんで頂きたいと思いますので悲しい事故のニュースを見ないように対策をしっかりとしてキャンプを楽しみましょう♪

スポンサーリンク

コメント

Copied title and URL